更年期は女性ホルモンが減少してきます

更年期には卵巣が老化してくるため、女性ホルモンが減少してきます。
50歳になると女性ホルモンは20代、30代の頃の10分の1以下になります。


女性ホルモンは体の中で様々な働きをしています。

肌の新陳代謝を促し美しい肌を作ったり、髪の毛のツヤやハリを保つ働き。皮下脂肪を蓄えて、女性らしい体を作る。

骨の生成を助け丈夫にする。

コレステロールが増えないようにして動脈硬化を防ぐ。自律神経を安定させるなどです。

これらの働きをしていた女性ホルモンが減少するので、更年期には肉体的にも精神的にも大きな変化を迎えます。

自分の状態を把握して健康に生活できるよう体のケアをしていく必要があります。

更年期に起る変化として一番知られているのが更年期障害で、自律神経が乱れることで起ります。

不眠や冷え、腰痛、多汗などは全て自律神経の乱れが原因です。良い治療方法がありますから、辛い場合は医療機関を受診しましょう。

また閉経を迎える時期は50歳が多いのですが、この頃になると加齢のために基礎代謝が減ってきて太りやすくなります。

女性ホルモンの減少により今まで余分なエネルギーは皮下脂肪といて蓄えられていたのですが、それが内臓脂肪として蓄えられるようになります。


内臓脂肪は動脈硬化を引き起こし、高血圧や糖尿病の原因になることが知られています。

更年期を迎えたら食生活に気をつけ、運動することを心がけましょう。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べて落ちやすいという特徴がありますから、少し気をつけて生活習慣を改めれば健康な生活を送ることができます。

更年期以降の女性に多くなるのが骨粗しょう症です。

骨量が急激に減り、加齢により筋力も衰えると転んだ時に骨折しやすくなります。
骨がもろくなっていることは外見からはなかなかわかりにくいので、早いうちから小魚や乳製品などカルシウムの多い食事を心がけることが大切です。太陽光にあたると骨の生成に必要なビタミンDが体の中につくられます。

また運動することも有効です。

更年期を良い機会として、体に必要なケアを考えていきましょう。

在宅での見取りがここ何年か少しずつ増えてきました。

特に癌の末期の人で、治療はもうないと病院で言われた人たちも最期まで緩和治療を自宅で受ける人が多くなってきています。

現在病院では何かしらの治療がないと入院は難しく、癌の末期を受け入れてくれる病院は緩和病棟がある、いわゆるホスピスのみです。

ホスピスも満床で空き待ちであったり、金額がとても高かったり、なかなか気軽に利用できる状況にはなく、癌の末期でも自宅で過ごす人も多くなったというわけです。末期の患者さんは状態も変わりやすく、急変したり、食事が取れなくなってたり、痛みのコントロールが必要であったり、そばで見ている家族にもかなりの負担がかかってきます。

そこで、現在では、訪問の看護師や往診、薬剤師、ヘルパーなどチームになって在宅療養を支えていきます。

もちろんよほどのことがない限り最期も自宅で迎えることが出来ます。
ぜひ知っておいてもらいたいのは、病院で受ける緩和治療は、在宅でも受けられるということです。

疼痛コントロールも、栄養補給も、導尿や酸素吸入も今日では全て在宅で可能です。

なかでも、癌の痛みに9割はモルヒネを積極的に使うことで、緩和できます。

痛みのコントロールで注意しないといけないことは、モルヒネの使用をためらわないこと、痛みに早めに対応すること、そして痛みが急に強まったときに、臨時で使う鎮痛剤を常備しておくこと。
痛みを我慢しないことです。

そもそも、自宅にいるだけで、痛みや苦しみはかなり緩和されています。

自宅で家族に囲まれて、過ごせれば、それだけで安心感がありますから、少し苦しくても気がまぎれる様子があります。
このように、癌の緩和治療は日々進歩しています。

癌の治療が一段落した患者さんは安心して自宅に帰り、自分の生活に戻り、家族との時間を大切に過ごしてもらいたいです。しかし在宅での療養には、やはり家族の協力は欠かせません。


あまりにも負担が大きい場合には入院も視野に入れていきます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1140288461
http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000H49UW
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5069916.html

梅田で胃カメラ情報を豊富に提供しています。

銀座でホワイトニング情報をご紹介いたします。

今年、最も指示を集めた梅田のわきが治療の評判の特徴をご紹介する情報です。

銀座歯科のの口コミ情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

梅田のわきが治療の比較の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。