腎臓病の食事について

###Site Name###

病気というものはどんなものでも大変なものです。

腎臓病も大変な病気の一つです。腎臓病の治療は主に病気の進行を抑え、出来るだけ腎機能を長持ちさせることにあります。


そのためには、食事療法や薬物療法が必要になります。

ここでは食事について説明していきたいと思います。
腎臓病の進行を遅らせ、体調を良好に保つためには食事療法が欠かせないものです。食事療法には3つのポイントがあります。

まずはタンパク質を摂取しすぎないということです。

タンパク質を摂り過ぎることは、老廃物が多くなることに繋がります。
老廃物が増えるということは、それだけ腎臓への負担が大きくなることを意味します。

しかし、タンパク質は非常に重要な栄養素でもあるため、適量は摂取する必要があります。

そのため、主治医や管理栄養士から指示された摂取量を守るということが非常に重要なのです。

次に1日の必要エネルギー量はしっかり摂取するということです。


必要エネルギーが不足してくると、体内のタンパク質が壊されて老廃物が増えてしまいます。
これではタンパク質を制限している効果が無くなってしまいます。


そこで、タンパク質を制限して不足するエネルギーには、糖分や脂肪分で補うことが大切です。

次に塩分を控えるということです。


腎機能が低下した状態では、ナトリウムの排泄機能が低下しています。そのため、塩分を摂り過ぎることは腎臓に大きな負担をかけることに繋がります。
ですから、料理の味付けをする際には酢やレモンなどを使うなどの工夫が必要です。


http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/12/s1214-9d10.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B4%E5%B9%B4%E6%9C%9F%E9%9A%9C%E5%AE%B3
http://www.fdanet.or.jp/

乾燥肌の美容液の専門サイトのこちらです。

こだわるならフォトブックのクチコミ評価が高いです。

バーベキューの肉の専門技術を身につけましょう。

浜名湖のお出かけを手軽に利用してみませんか?

利便性を重視した神戸の医療脱毛について正しい知識を持つこと重要です。